モールスキンの手帳とは! 実用!システム手帳活用百科


システム手帳,通販システム手帳の使い方
システム手帳・財布・鞄の販売システム手帳

モールスキンの手帳とは!

ゴッホも使っていたというイタリア製メモノート「モールスキン(モレスキン)」。
表紙をゴムで止める仕掛けや、表面の触りの良さ、そのデザイン性の高さなどで日本でも愛用者が多いノートです。

モールスキンは、6mm間隔の横罫線が入った「ルードノート」、
ページ全面に5mm方眼の印刷がされた「スクエアノート」、
無地の「プレーンノート」が、基本バリエーション。
96枚(192ページ)の紙がしっかりと綴じられた、本当に使いやすいノートです。

他に、厚口用紙が40枚綴じられた「スケッチブック」、
厚口用紙を蛇腹に綴じた「ジャパニーズポケットアルバム」、
A〜Zまでのインデックスが付いた「アドレス」、
旅行用のメモとして作られた「インフォブック」、
6つのポケットだけで構成された「メモポケッツ」があります。

私は、通常「スクエアノート」を愛用しています。通常のメモは、罫線を無視してガシガシと書き付けていますが、リストを作る時や、簡単な表を書く時などに、「スクエアノート」の方眼が便利なのです。他に、A〜Zのインデックスの他はただの横罫線のノートである「アドレス」も、アドレス帳以外に、見出し付きのメモとしても使える用途の広いものなのでオススメです。

過去2世紀にわたり、モレスキン(モールスキン)は欧州のインテリアやアーティストたちの伝説的な手帳であり続けています。ヴァン・ゴッホからアンリ・マティスまで、アーネスト・ヘミングウェイからブルース・チャットウィンまで。

気の置けないポケットサイズの旅の友は、まだ有名な絵画や気小説のページとなる前のスケッチ、走り書き、ストーリーや提案を暖めてきました。
また、数々の映画などの名シーンにも脇役として登場しています。

元々フランスの小さな手工業者たちによって生産され、国際的なアヴァンギャルドたちが通っていたパリの文房具店に卸されていたモールスキンの手帳は、1986年に最後の製造者だったトゥールの小さな家族経営の会社も廃業してしまい一旦は姿を消すのですが現在、モレスキンの伝統はイタリアの企業の尽力によって復活を遂げています。

オイルクロス製の硬い表紙カバーにそれをしっかりと閉じておくゴムバンド、190〜240ページという重厚な仕様、そのシンプルなフォルムは、どんな時代、流行にとらわれない逸品であることは、その200年近い歴史と伝統から証明されています。
そして長い伝統と歴史が示すように一度使うと手放せなくなるノートです。

さぁ、まだこの白いページにあたなの冒険とともに歴史を刻んでみませんか?

モールスキンを購入する

モールスキンの手帳
日本で一番安くモールスキンが手に入るのはやっぱりコチラです!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。