モールスキン(モレスキン)の使い方とは! 実用!システム手帳活用百科


システム手帳,通販システム手帳の使い方
システム手帳・財布・鞄の販売システム手帳

モールスキン(モレスキン)の使い方とは!

モールスキンを使っているプロのライターなら、誰もが、何らかの使いこなし術を持っていると思うのですが、まず、仕事以外でも、目に留まったことを何でも、日付、場所、タイトルを付けてメモしています。
とにかく、全てのメモは、この一冊にまとめて、数ヶ月で1冊を使い尽くします。
片岡義男氏によれば、モールスキン1冊を1カ月以上使い続けるようでは、このノートの真価は発揮できないということですし、私も2カ月に1冊くらいを目標に、目に付くものは何でもメモしていくようにしています。

使い終わったら、表紙に、いつからいつまで使ったものかを書いた紙を貼って、次のノートに行きます。紙は欧羅巴の蔵書用シールを使っています。このようにすることで、使用済みであることが一目で分かるし、それまでの様々なメモ群が時系列で整理できるので、情報の整理にも役立ちます。

それと、意外に便利なのが、一番最後のページにあるポケット。
ここに地図やクーポン券、名刺など何でも突っ込んでおけるので、旅取材のときなどに非常に便利。
ゴムで表紙を留められるので、中に色んなものを直接貼り付けて、中身が分厚くなっても大丈夫というのも嬉しい設計ですね。

モールスキンを購入する




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。